食へのこだわり
シェフ梶村の食の原点は、幼少期にさかのぼります。祖母が織りなす手料理に影響を受け、食の素晴らしさに開眼。これを期に、食のプロフェッショナルを志すようになりました。

供する料理のベースとなるのは、修業時代を過ごした南仏の郷土料理。これを梶村ならではの視点で、再構築。日本各地の食材掘り起こしにも取り組み、時にはヨーロッパの食材で構成されるべき料理を国内、地のものに置き換え、日本人の舌を刺激する新たな食の魅力を創出します。

これに加えて大切にしているのが、フランス料理の敷居の高さを取り払い、お気軽にお食事いただける雰囲気作りです。梶村が供するひと皿ひと皿を、肩の力を抜いて、お楽しみください。

(C)BRASSERIE MEJIRO